0263-26-6531 0263-26-6531

ワークエクイップホイールのリフレッシュ(レストア)BODY SHOP OKI

WORK EQUIP(3ピース)ホイールのリフレッシュ

ワークエクイップ 18インチホイール。
表リムのガリキズ(カケ)、ディスクのサビ、ビード部のレバーキズ、
センターキャップのO/H を行います。
表リムは溶接修理→ポリッシュ・クリヤー仕上
ビード部はレバーキズ修理→シルバー塗装・クリヤー仕上
ディスクはレストア(塗装全剥離→粉体シルバー・粉体クリヤー仕上)
センターキャップもレストアします。
ピアスボルト及びナットもクリーニングでキレイにします。

 
1-before(表リムカケ溶接修理、ビード部レバーキズ修理)
※ ビード部にレバーキズやサビが発生していると、エアー漏れを起こします。
タイヤ交換時には要注意!!


2-表リムポリッシュ→裏リムサビ研磨→リム・ディスク分解


3-ディスク:塗装全剥離


4-ディスク:粉体シルバー・粉体クリヤー仕上→合わさり目旋盤加工


5-after(表リム:ポリッシュ・クリヤー仕上、
裏リム及びビード部:シルバー塗装・クリヤー仕上
→組付け→シリコンシール塗布)

 
6-キャップレストア(剥離→シルバー塗装・クリヤー仕上)

タイヤの組替時に、タイヤレバーでホイールのビード部をキズ付ける業者さんがいます。
このキズでエアー漏れが発生します(タイヤビード部との接触部の為)。又、サビの原因にもなります。
弊社にも月に4~5件くらいこの手の修理依頼が有ります。
タイヤ交換(ホイールからタイヤを外す、新品タイヤを入れる時)には十分注意が必要です。

旧車のアルミホイール、マグネシウムホイールの修復はお任せ下さい。
新品並に復元致します。

金額、ホイール修理のお問合せはこちらから → お問合せ(無料見積り)
又は090-3587-4858へTEL下さい。

大切なホイールをあきらめないで。
傷ついたホールをあきらめないで、アルミホイールのキズ、曲り、カケ、サビ・腐食による塗装剥がれ、色替え(レストア・リメイク)

ホイールの加工(オフセット加工・ハブ穴加工等)もお問合せ下さい。  →  お問合せ(無料見積り)

2輪マグネシウムホイール、2輪アルミホイールもOK!
経験豊富な職人が精度良く綺麗に、短納期で修復致します。(確実で安定したリペアを提供します)

入手困難な、旧車のアルミホイール、マグネシウムホイールの修理・塗装はお任せ下さい。
又、製造終了ホイール(絶版ホイール)も レストアで新品並に修復(復元)致します。 → お問合せ(無料見積り)

ホイールのサビ(腐食)、エアー漏れでお困りの方、弊社にお任せ下さい。
(サビ、腐食が深い場合は綺麗に仕上らない場合も有ります)

長野県実績No.1 信州松本市のホイール修理・塗装の専門 ボデーショップ・オキ
長野県松本市つかま3-30-9

対応エリアは全国です。
愛車のホイールでお困りの
東京都,千葉県,神奈川県,新潟県,長野県,山梨県,静岡県,富山県,岐阜県, 愛知県,石川県,
の方もお問合せください。   →   お問合せ(無料見積り)

 

アルミホイールは、腐食してサビが発生することがあります。
腐食が起こるのは、塗装が剥げた部分から水分が入り込んでしまうことが原因です。

アルミホイールにサビが発生した場合、補修するのはなかなか難しくなります。
腐食した箇所を全て除去しないとまた腐食が発生してしまいますし、
腐食のレベル次第では元の状態に戻せない場合もあります。
そのため、こまめにホイールを清潔に保ったり傷がつかないよう運転に気を遣うなど、
日頃から腐食(サビ)を防ぐ工夫を心掛けることが大切です。
(タイヤレバーでビード部を傷つけてしまうとそこからサビが発生し、エアー漏れを起こします)

また、融雪剤が撒かれた道を走行した後はすぐに洗い流すなどの配慮が必要です。!!

Tagged with: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
Posted in ホイールレストア, ホイール修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください